開催期間

5月11日~10月15日

ご予約 

TEL:0575-22-2506 (クリックで発信)

FAX:0575-23-7980 

本日の鵜飼

2018年7月19日(木)

本日、行います。


本日の乗船時間

 乗船 19:00 ~ 20:15 頃 終了予定

 

 

※乗船時間の20分前までに、関遊船事務所で

受付をお願いします。

 

当日予約

乗船可能な場合もございますので、

17:00頃までにお電話0575-22-2506

お問合せ下さい。


最新情報

小瀬鵜飼再開のニュースがNHKで放送されました

今回の豪雨の影響で6月28日より約2週間開催をすることができず、多くの皆様にご迷惑をおかけいたしました。

7月12日より再開することができ、NHKニュースが取材に来て下さいました。

左側の動画をクリックしていただけると、ご覧いただけます。

 

この2週間で500人以上のご予約を頂いておりました。

キャンセルになってしまった皆様、ぜひ再開した小瀬鵜飼へご予約お待ちしております。

 

 

お問い合わせ・ご予約は関遊船へお気軽にお電話( 0575-22-2506)下さい。


続きを読む

あの糸電話を撮影場所で体験!『半分、うかい(鵜飼)』イベント開催

NHKテレビ小説「半分、青い」の糸電話シーンで撮影場所となったのは小瀬鵜飼が行われている、真っ赤な鮎之瀬橋。

この鮎之瀬橋は171mもあり、話題になりましたよね。

この話題の糸電話と、小瀬鵜飼を体験できるイベントを開催します!

 

鵜飼は通常ですと日が落ちあたりが真っ暗になってから開始されるため、鵜が鮎をくわえる瞬間や、鵜匠が鵜から鮎を吐きださせる瞬間を目にすることは難しいので、

このイベントでは、日中にプールを使って鵜飼パフォーマンスを行います!普段間近で目にしたことのない貴重な瞬間をご覧いただけます!参加は無料!ぜひご参加ください。

 

■内容:鵜匠による鵜飼パフォーマンス、NHKテレビ小説「半分、青い」

のシーンを再現した糸電話体験、鵜飼乗船券などがあたる抽選会

■日時:7月15日(日)・16日(月)

    1部 10時30分~11時30分 2部 13時30分~14時30分

■定員:両日 各部50人程度(当日会場にて受付)

■費用:無料

■場所:小瀬鵜飼乗船場 鮎之瀬の里(関市小瀬長良川河畔)

    アクセスはこちら

お問い合わせは関遊船へお気軽にお電話( 0575-22-2506)下さい。


続きを読む

小瀬鵜飼とは?

本物の鵜飼と出会える場所、岐阜県関市長良川の小瀬鵜飼。1000年を超え、受け継がれてきた世界観があります。毎年5月11日に開幕し、10月15日までの約5カ月間、鵜飼ファンを楽しませてくれます。 静寂な暗やみの中、かがり火の灯りのもと、鵜と鵜匠が川面に織りなす古典絵巻の世界をお楽しみください。

■平成273月【長良川の鵜飼漁の技術】が国の重要無形民俗文化財指定されました。

 

 ■平成2712月【清流長良川の鮎】が世界農業遺産認定されました。

動画でわかる小瀬鵜飼


漆黒の小瀬鵜飼の魅力

幻想的な世界観

日が沈むのを待ち、漆黒の中で行われる幻想的な漁である鵜飼。昔ながらの漁法を今も忠実に残しているのは小瀬鵜飼のみ。ぜひ本物の幻想的な世界観をお楽しみください。

五感であじわう

風のかおり、清流の水面に触れられる近さ、鮎の味わい、船頭さんの船を漕ぐ音、鵜の鳴き声、鵜匠の掛け声、夕刻にそまる風景、小瀬鵜飼は五感で感じていただけます。

間近で見られる臨場感

鵜舟と観覧船が平行して下っていく「狩り下り」で鵜飼をご覧いただきます。

かがり火を感じる程の臨場感で、織田信長も楽しんだ鵜飼を体感頂けます。