開催期間

6月1日 ~ 10月15日

ご予約

TEL:0575-22-2506 (クリックで発信)

10時~16時でお願いします。

FAX:0575-23-7980 

小瀬鵜飼

令和2年の小瀬鵜飼は、

閉幕いたしました。

 

 コロナ禍、長梅雨など過去最多の休業となり小瀬鵜飼ファンの皆様には大変ご迷惑をおかけいたしました。そのような中ご乗船いただきました2,251名のみなさまには心より厚く御礼申し上げます。

 1,300年を越える伝統の灯りを絶やさぬよう、鵜匠、船頭をはじめスタッフ一同来季またみなさまにお会いできる日を楽しみにしております。来シーズンの乗船予約は4月中旬からの予定です。


乗船時間

<1部>

①5月11日~   6月30日 18:50頃

②7月  1日~   8月31日 19:00頃

③9月  1日~ 10月15日 18:30頃

(日没時間を目安に出航します。)

<2部>

1部終了後(乗船後約1時間)

(諸事情により変更することがあります。) 

※乗船時間の20分前までに、関遊船事務所で

受付をお願いします。

 

※<2部>について

 <1部>終了後にご乗船していただきます。

 <1部>に比べ、ご乗船時間が短くなりますので、船内で召し上がっていただくお弁当の注文は、承っておりません。

当日予約

乗船可能な場合もございますので、

午後4時までにお電話(0575-22-2506)で

お問合せ下さい。


最新情報

☆募集を終了しました。『小瀬鵜飼生中継プロジェクト』

令和2年10月11日(日)に開催を予定し、募集しておりました『◎小瀬鵜飼生中継プロジェクト~ 関市観光振興トータルプロデューサー連携事業 ~』は募集を終了しました。

残念ですが目標の支援額に達しませんでしたので、今回は開催いたしません。ご支援いただきました皆様には心より厚く御礼申し上げますとともに、開催できませんでしたこと心よりお詫び申し上げます。

 

今後とも「小瀬鵜飼」をよろしくお願いいたします。

<照会先>

関市役所北庁舎2階 (一社)関市観光協会

TEL:0575-23-6726 FAX:0575-23-7741


続きを読む 0 コメント

☆モニター募集☆\自動運転の体験と小瀬鵜飼/

関市では、9月28日(月)~10月11日(日)の鵜飼中止の日を除く毎日、小瀬鵜飼観覧の時間に合わせて関シティターミナルから小瀬鵜飼乗船場前までを往復、自動運転の実証実験を行います。

小瀬鵜飼を観覧される方で自動運転車両に体験乗車していただけるモニターを募集いたします。

最先端技術である自動運転車両に乗って、古式ゆかしい小瀬鵜飼を観覧して、楽しい思い出作りをして下さいね。

<問い合わせ先>

(自動運転に関すること)

関市役所都市計画課総合交通推進室 ☎0575-23-7981

(小瀬鵜飼に関すること)

関遊船株式会社 ☎0575-22-2506

ホームページ 「小瀬鵜飼」で検索してください。

 


続きを読む 0 コメント

小瀬鵜飼とは?

本物の鵜飼と出会える場所、岐阜県関市長良川の小瀬鵜飼。1000年を超え、受け継がれてきた世界観があります。毎年5月11日に開幕し、10月15日までの約5カ月間、鵜飼ファンを楽しませてくれます。 静寂な暗やみの中、かがり火の灯りのもと、鵜と鵜匠が川面に織りなす古典絵巻の世界をお楽しみください。

■平成273月【長良川の鵜飼漁の技術】が国の重要無形民俗文化財指定されました。

 

 ■平成2712月【清流長良川の鮎】が世界農業遺産認定されました。

動画でわかる小瀬鵜飼


漆黒の小瀬鵜飼の魅力

幻想的な世界観

日が沈むのを待ち、漆黒の中で行われる幻想的な漁である鵜飼。昔ながらの漁法を今も忠実に残しているのは小瀬鵜飼のみ。ぜひ本物の幻想的な世界観をお楽しみください。

五感であじわう

風のかおり、清流の水面に触れられる近さ、鮎の味わい、船頭さんの船を漕ぐ音、鵜の鳴き声、鵜匠の掛け声、夕刻にそまる風景、小瀬鵜飼は五感で感じていただけます。

間近で見られる臨場感

鵜舟と観覧船が平行して下っていく「狩り下り」で鵜飼をご覧いただきます。

かがり火を感じる程の臨場感で、織田信長も楽しんだ鵜飼を体感頂けます。


インスタグラム

フェイスブック